ASPIRATION PNEUMONIA

誤嚥性肺炎のこと

誤嚥性肺炎とは

誤嚥性肺炎<ごえんせいはいえん>とは、人が唾液や食べ物等を飲み込む際に食道ではなく気管に入ってしまい(誤嚥)、誤嚥されたものに含まれる口の細菌が肺に到達し引き起こされる肺炎のことをいいます。
通常は気管に異物が入ると、咳やむせによって誤嚥したものを吐き出す反応が起きますが、高齢者ではこの反応が低下している場合が多いです。
寝ている間に唾液の気管への流入も起こる(不顕性誤嚥)場合もあり、不顕性誤嚥のような状態では口腔細菌の気管への流入が高頻度に起こるため、肺炎のリスクが上昇しますので、注意が必要です。

誤嚥性肺炎の治療

1.話をするときには呑み込まず、呑み込むときには話さない

  話をしながらモノを呑み込むと、健康な人でも呑み違えを経験する事があります。高齢者の方には食べることに集中していただき、話相手の方は高齢者がモノを呑み込む瞬間に返事が必要な問いかけをしないよう心掛けることも必要です。